Hybrid SYNC

IBM i AS/400向け総合運用ソリューション

最先端の機能でシステムを守るIBM i 対応BCPソリューション

Hybrid SYNC

BCP/HAソリューション

Hybrid SYNC

本番運用に必要な各種オブジェクトを別マシンにレプリケーションし、
災害・障害時にサーバを切り替えて、事業継続を可能にするソリューション

◆リアルタイムミラー

本番機側のデータをミラーすることで障害の直前に更新したファイルをバックアップすることができます。

◆BCP に対応

災害発生時にバックアップ機へ切り替えて、業務を継続できます。

◆容易な切替

切り替え用メニューが用意されているので、簡単操作で切り替え可能です

主な機能

◆差分更新

更新したデータのみバックアップ機に送信するので、最小限のリソースで運用することができます。

◆様々なライブラリを同期

業務に必要なUser Library や User Profile などを同期することができます。

◆逆同期機能

有事の際にバックアップ機へ切り替えた場合もバックアップ機→本番機への逆同期が可能。
切替業務中も同期を継続出来る為、万が一に備えられます。

◆ライブラリ自動同期機能

特定のネーミングルールで作成されるライブラリを設定追加なく、自動同期できます。

◆わかりやすい運用確認画面

同期システムが正しく動作しているか、遅延が発生していないか、オブジェクトのエラーは無いかが一目瞭然。
異常発生時の復旧もメニューから簡単に行えます。

◆特殊な同期設定が可能

区画内の別ライブラリへの同期、N:1や1:N、双方向等多様な同期設定が可能です。

導入メリット

◆災害発生時も最小限の時間で業務再開可能

◆アプリケーションの変更は一切不要

◆ライブラリを指定するだけの簡単操作

◆差分データで簡単に復旧

ビジネスの停止を最小化!

リアルタイムミラーリング

同期対象は、ライブラリを指定するだけで簡単に設定できる!

リアルタイムミラーリング

チェックIFS、スプールデータも同期可能

チェックお客様のデータはライブラリの登録のみ

チェックユーザープロフィールや、権限も同期可能

ユーザーライクな設定画面

お客様のデータはライブラリを指定するだけで簡単にファイル、プログラム、データエリアなどの同期設定が完了します。
また、パッケージソフト等で同期を取ってはいけないものも簡単に除外登録できます。
ユーザープロフィールや、スプールについても簡単に同期設定できます。

災害時の復旧

1つの画面を確認するだけで、現在の同期情報が簡単に把握できる!

災害時の復旧

チェックIFS、スプールデータも同期可能

チェックお客様のデータはライブラリの登録のみ

チェックユーザープロフィールや、権限も同期可能

簡単な運用を実現

状況照会画面から同期の状況を把握、復旧が行えます。難解なコマンドやオペレーションを覚える必要がなく専門知識がなくても簡単に運用を行えます。
また、本番機がダウンしてしまった場合もバックアップ機にて同様に状況を確認できます。

スイッチング機能

万が一の本番機システムダウン時も簡単にシステム切り替えを実施できる!

スイッチング機能

チェック簡単に切り替え・切り戻しが可能

チェック特定の時間へのロールバック機能

チェックデータは常に本番機と同じ

万が一のシステムダウンにも安心

バックアップ機へは常に本番機と同様の状態が保たれています。アプリケーションのデータは即時に利用可能で、万が一のシステムダウン時も特定の時間までデータを巻き戻して処理続行させることも可能です。

Hybrid SYMC i2x Edition

Hybrid SYNC i to x ではIBMiとPCとのリアルタイムバックアップ機能により、安価で障害対策を構築できる!

Hybrid SYMC i2x Edition

チェック安価なPCにリアルタイムバックアップ可能

チェック差分情報の転送でバックアップを構築

PCにリアルタイムバックアップ可能

IBMiのリアルタイムバックアップを設定することができます。災害対策は必ずしも同じマシンを準備する必要がありません。バックアップを取得したPCからはデータの確認を行うことも可能で障害発生時の一時対応に役立ちます。

推奨動作環境

IBM Power Systems

  • ■オペレーティング・システム
     IBMi V6R1以降
  • ■ディスク・スペース
     500MB以上
     (実行モジュール格納領域)+ 分析対象データ領域

PCサーバー環境

※PCとの同期(Hybrid SYNC i2x Ed)の場合のみ ※

  • ■オペレーティング・システム
     Microsoft® Windows® ServerTM 2016 以降
  • ■CPU
     Intel® Xeon ® 2.00Ghz 以上
  • ■メモリー
     4.0 GB以上(データ容量に大きく依存します)
  • ■ディスク・スペース
     500MB以上(実行モジュール格納領域)+ 内部データベースファイル領域

○記載された商品の内容は、予告なしに変更される場合があります。