JapaneseEnglish

TOP > Hybrid DB

リアルタイム同期を実現する、データベース管理ソリューション

Hybrid DB

IBM i のDBコンバージョン

Hybrid DB

IBM i (AS/400) のデータベースをオープン系サーバのデータベースにリアルタイムに同期するツール

◆物理ファイルのリアルタイム同期
DB2/400の物理ファイルを別のDBへ リアルタイムで同期します。
(対応DB: MySQL, Microsoft SQL Server, Oracle Database)
◆差分更新
DB更新時は差分ジャーナルのみを送信するのでシステムに対する負荷は最小限となります
◆フィールドマッピング
フィールドが異なるデータベースでもフィールド単位にマッピングしてデータを更新します

主な機能

◆フィールド属性定義
PCサーバのフィールド属性は自動的に定義されます。
◆フィールドマスク機能
公開したくないフィールドを隠し、最低限のフィールドを公開できます。
◆IBM i (AS/400) の負荷低減
DB分析業務を別のPCサーバにて行うことで IBM i (AS/400) の負荷を減らすことができます。
◆パッケージ連携により、さらに機能充実
Hybrid MESSAGEと連携することによりメールなどにより障害通知が可能となります。

導入メリット

  • ・リアルタイムにIBMiのデータをDBへ同期
  • ・IBM i (AS/400) 内での参照業務の負荷を軽減
  • ・アプリケーションの変更不要
  • ・複数サーバへの同期が可能

動作概要

初期LOADを行いミラーを開始すれば、差分の更新ジャーナルを送信してデータを反映します。これによりリアルタイムのデータベース同期が可能となります。

Hybrid DB


推奨動作環境

IBM Power Systems
■オペレーティングシステム
i5/OS V5R4 以降または IBMi V6R1 以降
■ディスクスペース
Execution module 500MB

PCサーバ
■オペレーティングシステム
Windows Server 2008 以降
■CPU
Intel Xeon 2.00GHz
■メモリ
2GB
■ディスクスペース
Execution module 500MB
■対応データベース
MySQL, Microsoft SQL Server, Oracle Database