JapaneseEnglish

TOP > Hybrid BACKUP
IBM i搭載PowerSystem対応 統合運用ソリューション D2Dバックアップツール Hybrid BACKUP 特長・メリット 機能概要 活用例 推奨稼働環境

特長・メリット

  • D2D (Disk to Disk) でPCにバックアップ! ・Tapeバックアップに比べて、処理が速く、管理も簡単になります。
  • 世代管理機能でオペレーションを自動化! ・毎日のTape交換オペレーションが不要になります。
  • データ圧縮機能でバックアップ時間を短縮! ・データ容量が小さくなるため、短時間で処理できます。
  • Tape保管などの管理コストを削減! ・Tape保管やオペレーションを外部委託しているコストを削減できます。
  • 検索機能で保管データを簡単サーチ! ・検索画面から欲しいデータを検索し、すぐに復元できます。
  • PCを遠隔地に配置すればBCP対策に! ・災害時に遠隔地のPCからデータを復元できます。
  • 他のマシンにも復元可能! ・ツールをインストールすれば、保管元以外の IBM i (AS/400) にもデータを復元できます。
  • 暗号化機能でセキュリティ対策も万全! ・データは暗号化されているため、情報漏えい等の心配がありません。

機能概要

ユーザデータ保管機能

・ユーザー環境のバックアップデータをPCに送信してデータを格納します。
Tape保管に比べて短時間でバックアップできます! ユーザデータ保管機能

ユーザデータ復元機能

・PCに保管されているバックアップデータを IBM i へ復元できます。 いつでも簡単に復元できます! ユーザデータ復元機能

バクラウドバックアップ

PCサーバに保管したデータを遠隔地にあるIAサーバやクラウドストレージに保管することが可能です。これにより災害に備えた BCP対策としてご利用頂けます。クラウドストレージは IBM Cloud, Amazon S3 および S3互換のストレージをご利用頂けます。

世代管理機能

世代管理機能

・バックアップデータの世代を自動的に管理します。 Tape交換オペレーションが不要になります! 世代管理機能

バックアップデータ検索機能

・多彩な検索機能で保管データを簡単サーチ! 欲しいデータを検索しすぐに復元できます! バックアップデータ検索機能

システム活用例

バックアップの自動化とコスト削減策として活用!

●オペレーションの自動化
●Tape保管場所不要
●Tapeメディア不要
●メディア変換不要
●外部保管費用削減
●アウトソーシング費用削減

PCを遠隔地に配置してBCP対策として活用!

●災害時にPCから復旧
●新しいマシンにも復元可能
●InterNetVPN回線でも セキュリティ対策も安心

推奨環境

IBM i 環境

オペレーティング・システムi5/OS V5R4 以降 又は IBMi V6R1以降
ディスク・スペース実行モジュール500MB程度

PC Server 環境

オペレーティング・システムMicrosoft® Windows® ServerTM 2008 以降
CPUIntel® Xeon® 2.00GHz以上
Memory2GB以上
ディスク・スペース実行モジュール500MB程度