企業情報

サステナビリティ

サステナビリティ

◇ヴィンクスのSDGsに対する考え方

ヴィンクスは、2015年9月に国際連合が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に、企業活動を通じて貢献します。

ヴィンクスは創業時より流通業界のシステムの企画、開発、保守、運用を一貫して手掛け、日本における流通業界の発展に貢献してまいりました。また、お客さまやビジネスパートナーに対してはもちろん、社会や地球環境に対して、より良い関係をつくり、社会的な責任を果たすべく事業活動を営んでまいりました。

ヴィンクスは、今後も引き続きサステナビリティに配慮した責任ある事業活動を行い、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

ヴィンクスのESGへの取組みはこちら

◇SDGsとは

「SDGs」とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで採択された、「誰一人取り残さない」を原則に置いた国際目標です。貧困や飢餓、エネルギー、気候変動などに関する17の目標と169のターゲットで構成され、国連加盟193か国が2030年までの15年間で達成を目指すとされています。