POSシステムをソフトウェアから選ぶ時代が到来しました!

POSシステム専門ソフトウェアベンダー

POSアプリケーション導入実績No.1

GMS・スーパーマーケット・ドラッグストア・アパレル・小売専門店・飲食店
さらにテーマパークと豊富なPOS導入実績!

資料請求・お問い合せ

背景
背景2

POSとは、“Point of Sales”あるいは“Point of Service”の頭文字から取った略称で、「商品を販売した時点での情報を取得し、販売管理や在庫管理を統合的に行う仕組み」を意味します。「販売時点情報管理」とも呼ばれるこの小売業の総合情報システムを導入する最大のメリットは、データ管理システムによるデータの収集です。販売管理システムや在庫管理システム、顧客管理システム、商品管理システムといったPOS機能を活用して、マーキングされたバーコード(JANコード等)から読み取ったデータをもとに、店舗や商品名、価格、数量、時間、天候、性別といった情報を収集することが可能です。これらPOS端末からのデータを集計・分析することで、消費者の動向を把握しマーケティングや営業、経営戦略に役立てることができます。

POSの歴史は、1970年代のアメリカ合衆国にてレジ不正防止などを目的に導入、発展したことから始まります。日本でもスーパーマーケット市場の成長に伴って、機械式レジ(レジスター)から、1970年代の電子式レジ(ECR)を経て、1980年代以降に、POSシステムは顕著に導入台数を増加させていきました。そして、1995年にはWindows95が発売され、そのWindowsのOSをベースにすることにより、周辺機器間の互換性が飛躍的に向上。こうして、開発コストが格段に抑えられた「オープンPOS」の接続仕様が発表されました。(詳しくは、こちらの「POSについて」をご覧ください。)

「ANY-CUBE®」は、そんな「オープンPOS」のためのシステムインターフェースOLE(Object Linking and Embedding/Windowsのアプリケーションソフト間でのデータ共有化の仕組み)POS仕様に準拠したPOSアプリケーションソフトウェアです。高い拡張性、高品質のレジ機能、そして、投資コストの削減。それらを実現させたPOSソフトウェア・「ANY-CUBE®」は、日々、在庫チェック・販売管理といった小売業様の悩みや問題点を解決しています。

今やPOSは、ハードとソフトを分離調達する時代です。

POSシステム(ソフト)は、POSレジメーカー(ハード)で選ぶものだと思っていませんか?

POSはPOSレジメーカーで選ぶもの。ユーザー様の多くはそのような選び方を「常識」として、今までPOSのシステム導入を検討されてきたのではないでしょうか?しかし、「オープンPOS(OPOS)」の登場によって、今やPOSハードウェアとソフトウェアを分離させて考えられる時代を迎えているのです。

性能・機能・コストなど、条件が最適なものを自由に組み合わせる時代に

オープンPOS(OPOS)とは
汎用性の高いWindowsのOSをベースとして、オープン環境を実現した「オープンPOS」規格インターフェースのことです。POSレジスターのソフトや周辺機器は、個々のメーカー独自のものでしたが、この規格の普及により、ハードメーカーではない、ソフトウェア専門会社も独自にPOSシステムを開発するようになりました。詳しくは、こちらの「POSについて」をご覧ください。

導入台数70,000台突破!各業界TOP企業に選ばれる安心と信頼

各業界のリーディング企業へ多数の導入実績を持つANY-CUBE®。
このPOSシステムが選ばれるのには「理由」があります。

メーカー主導のこのPOS業界にあって、革新的な導入実績を誇るPOSアプリケーションソフトウェア(POSシステム)「ANY-CUBE®」。ドラッグストア業界では国内1位のシェア率。スーパーマーケット・アパレル・飲食業界でも利用が急伸中です。

老舗ソフトウェアベンダーが長年かけて培ってきた“本物の実力”

POSシステム(POSアプリケーションソフトウェア)「ANY-CUBE®」を手掛けるVINXは、大手流通業のユーザー系情報システム会社として、24時間365日止まらない流通・サービス業の最前線で、長年経験を積んできました。GMS、SM、百貨店、専門店、フードサービスなど様々な業種・業態を対象に、コンサルティングから、システム企画、設計、開発、運用、さらには、POSシステムセットアップに現地フォローなど付帯サービスに至るまで、複数のサービス内容を一貫してご提供。 VINXは、流通・サービス業システムに特化した本物のプロフェッショナル集団です。

富士ソフトグループという“信頼性”が加わり、超ユーザー系企業へと大変革

VINXは、信頼と実績を持つシステムインテグレーター・富士ソフトのグループ会社です。ユーザー系企業として流通・サービス業の現場に寄り添ってPOSシステムなどの開発経験を積んできたVINXに、富士ソフトグループとしての信頼性や技術力が加わることで、VINXは「ユーザー系IT企業」と「独立系IT企業」の長所を兼ね備える「超ユーザー系IT企業」へと変革を果たしました。「常にユーザーの立場に立って考える」という姿勢を基軸に、豊富な経験と高い技術力を活かしながらPOSソフトウェアを開発し 、トータルなソリューション提供を行っていきます。

長年の経験を通して得た、豊かなノウハウと高い技術力、
そして、確かな信頼感を併せ持つ「超ユーザー系」IT企業として、
トータルなソリューションの提供を行うVINX。
そのVINXが総力を結集して開発したPOSシステム「ANY-CUBE®」は、
小売業様に圧倒的なご支持を頂いています。

資料請求・お問い合せ

あらゆる変化に対応できる万能ソフトウェア

ハードウェアに依存しないPOSシステム「ANY-CUBE®」は、今までのPOSの常識に大きな変革をもたらします。従来までのPOSレジスターと一体化したPOSシステムでは、「M&Aなどの統合・合併時」、あるいは「ハードの老朽化・故障時」「新店舗オープン時」「緊急・災害時」、そして「ビジネス・サービスモデルの変化時」などにPOSシステムを新たに買い替える必要があるというデメリットがありました。しかし、ハードウェアにとらわれない「ANY-CUBE」のPOSシステム(POSソフトウェア)を使用すれば、緊急の際にも追加購入する費用をかけずにPOSデータを一元管理することができるのです。POSシステム(POSソフトウェア)を「資産」として一元管理するという発想は、どんな局面においてもコスト削減に大きく寄与するという利点をもちます。中長期的でのPOSシステム投資額最適化に寄与する、「ANY-CUBE®」の大きな可能性を感じて下さい。

  • M&Aなど
    統合・合併時
  • ハードの
    老朽化や
    故障時
  • 新店舗の
    オープン時
  • ビジネスや
    サービスの
    変化

コスト削減

多種多様の業種やニーズに対応!

パッケージソフトでは難しい機能拡張も容易に出来ます。

VINXのPOSシステム(POSアプリケーションソフトウェア)「ANY-CUBE®」は、導入時から導入後まで、小売業様の抱えるあらゆるニーズに、完璧に対応していきます。POSシステム「ANY-CUBE®」が持つ柔軟な機能拡張性。それを支える、POSシステム専門ソフトウェアベンダー・VINXが誇る「小売業専門」のプロSEたちの存在。スーパーマーケット、アパレル、飲食など多業種への対応はもちろん、既存の他基幹システムとの連携も可能です。クレジットカードや電子マネー、ポイントカード対応といったビジネスモデル・サービスモデルの変化など、新しい技術発展が起こった際にも、迅速に機能拡張へのニーズにお応えします。

  • GMS・スーパーマーケット・コンビニエンスストア・ドラッグストアから、
    アパレルなど小売専門店・飲食店・書店、居酒屋、さらには、テーマパークまで

ニーズ対応

“現場”で効果を発揮するシンプルで簡単な操作性

小売業におけるレジ現場でのニーズを熟知したVINXのプロSEたちが、長年にわたり人間の行動・心理を真摯に研究し続け誕生したPOSシステム(POSソフトウェア)。その優れた「操作性」と「デザイン性」は、日々のレジオペレーションを大きく加速させます。スマホと同様のタッチパネルを採用した「ANY- CUBE」では、直感的な画面操作が可能に。使い方も簡単なので、教育の負担も軽減できます。

  • 業務のスピード化
  • 生産性向上・人件費削減
  • 新人研修の負担軽減
  • マネジメントの負担軽減
  • レジ係の定着率UP
  • お客様からのクレーム減少

操作性・デザイン

マルチベンダー対応を実現した、柔軟なPOSシステム

POSシステム「ANY-CUBE®」は、OPOS仕様に準拠したハードウェアに導入させることができます(タブレット端末でも活用できます)。「ANY-CUBE®」というソフトウェア(POSシステム)を「資産」として持ち続け、ハードを「消耗品」として柔軟に買い替えていくという新しい発想は、従来の製品と比較して時代の変化に対する大きな対応力を与えてくれます。POSシステム「ANY-CUBE®」を基盤として、小売業様の業種・業態・規模に合った最適なハードを選択。そのハード選びも、POSレジを知り尽くしたVINXが、企画・提案からメンテナンスまで、トータルでサポートいたします。

導入実績のあるハードメーカー ※順不同

  • 東芝テック・FUJITSU(富士通フロンテック)・NEC(NECインフロンティア)・NCR・hp(ヒューレット・パッカード)
    SHARP(シャープシステムプロダクツ)・IBM・HITACHI(日立インフォメーション・テクノロジー)・EPSON(EPSON販売)

ハードウェアの導入実績

充実の保守サービス

導入後も、業界を熟知したVINXが付いています。

POSシステム「ANY-CUBE®」の運用・保守について、システムを開発したソフトウェアベンダー・VINX自らが、お客様のニーズと寄り添いながら、責任を持ってトータルサポートしていきます。導入後の保守サービスとしては、「ヘルプデスク & ソフトウェア保守」をご用意。小売業様の現場と向き合って、多くの大規模ソフトウェア開発を経験してきたVINXのプロSEたちが、責任をもって保守サービスを行っていきます。
快適に、そして長く、POSシステム「ANY-CUBE®」とお付き合い頂くために、VINXは誠実に努力していきます。

  • ヘルプデスクは、365日受付!
    リモート対応可!

保守・付加サービス

ANY-CUBE®は、短期・中長期でのコスト削減に寄与する、
恒久的な持続が可能なPOSシステムです。

資料請求・お問い合せ

  • * iPhone、iPad、iPod touch はApple Inc.の商標です。
  • * iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • * iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • * Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。