仮想環境(仮想化サーバ)監視、VMware監視をご紹介!

統合監視ツール(ソフト)のネットワーク監視における、仮想環境(仮想化サーバ)監視ついて説明します。

仮想環境監視Integrated Viewer for Zabbixの仮想環境監視

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix の仮想環境監視(VMware監視)では、
vSphereかvCenterのURLを登録するだけで、ゲストVMが自動的に検出され監視対象として登録されます。
そして、リソース監視を始めるところまで自動化されます。
vSphereの仮想化サーバを束ねて管理するvCenter使用環境でも、自動的に運用監視を始めてくれます。

「Integrated Viewer for Zabbix」の仮想環境の監視

仮想環境の監視には、仮想環境に特有の2つのポイントがあります。

一つ目のポイントとして、仮想化ソフトウェアでは、CPUやメモリなどの仮想環境(ゲストOS)全体のリソースを、
物理サーバ(ハードウェア)の物理リソースの総量を超えて、仮想環境のOSに割り当てること(オーバーコミット)が可能です。
このリソースの割り当ては、運用中に随時行われますので、「ハイパーバイザー」と呼ばれる仮想化ソフトウェアから見た
「リソースの割り当て状況と、仮想環境(ゲストOS)の内部から見たリソース状況とを比較しながら、
監視を行う必要があります。

もう一つのポイントとして、仮想環境の運用では、仮想環境(ゲストOS)をどんどん追加したり、反対に削減する場合があります。
そういった状況に応じて、迅速に、監視設定の変更が行われることが重要になります。

統合監視ソフト「Integrated Viewer for Zabbix」は、これらの仮想環境特有のポイントを押さえた監視・運用が可能です。

代表的な仮想化ソフトウェア「WMware」の監視では、
「ハイパーバイザーから見た CPU、メモリの使用量の監視」「ハイパーバイザーのリソース、イベント監視」が行えます。
インストールされている VMware vCenterと vSphere上の「ハイパーバイザー」と「仮想マシン(仮想環境)」を
自動検出し、様々な情報を監視しますので非常に高機能です。

そして、監視設定では、仮想環境でネットワーク構築したリソースを自動検出でき、簡単に監視が行えるようになります。
例えば、「WMware」では、運用管理者が行う設定は、vSphereもしくはvCenterのURLを登録するだけです。
vSphereのURLを追加した場合、その上で動いているゲストVMを自動的に見つけてきて監視対象として登録し、
リソース監視を始めるところまで自動化できます。

また、vCenterには、ゲストVM(ゲストOS)が自動的にホストをまたいで動く機能があります。
その場合も、画面にあるゲストVMをvSpereごとにグループ化して管理しており、
切り替わって追随してくれるため、柔軟な運用監視が可能です。

このようにIVZでは高機能で柔軟な「仮想環境の監視」が行えます。

仮想化とは…

仮想化とは、サーバーなどのハードウェア内のリソース(CPU、メモリ、ディスク)を、
物理的な構成にとらわれずに、論理的に統合・分割できる技術のことです。

仮想化には、サーバー仮想化・ストレージ仮想化・デスクトップ仮想化・ネットワーク仮想化などさまざまな種類がありますが、
一般的には、サーバーの仮想化を指すことが多いです。

サーバの仮想化では、WindowsやLinuxなどのOSを直接サーバの上で動かすのではなく、
まず仮想化ソフトウェアを稼働させ、その上で、それらのOSを動かします。
1つの仮想化ソフトウェアの上で、複数のOSを動かすことができます。
物理的なサーバは1台でも、あたかも複数のサーバがあるかのような環境を仮想的に作り出すことができますので、
サーバ資産を何倍にも活用できます。これが第1のメリットです。

サーバの仮想化では、WindowsやLinuxなどのOSを直接サーバの上で動かすのではなく、
まず仮想化ソフトウェアを稼働させ、その上で、それらのOSを動かします。
また、仮想化ソフトウェア上で、新しい仮想サーバを作り出す作業は、数分から十数分で済みます。
物理サーバの調達から環境構築までの作業は、時間と費用がかかります。
この作業が短期間で行え、大幅なスピードアップになります。これが、第2のメリットです。

仮想化ソフトウェア、そして、それらを応用したクラウド環境では、
WMware、Hyper-V、XEN, KVM、AWS、SoftLayer などが有名です。

  • ログ監視

    OS(オペレーションシステム)や各種サービス(メールサーバ、WEBサーバなど)、業務アプリケーションが正常に稼働しているかを監視するには、それらの稼働情報が出力されるログの監視が有効です。IVZでは、OSやアプリケーションが出力するログ(OSのシステムログ、イベントログ、各種アプリケーションのログ)を収集し、監視対象の稼働状況や、特定のイベントを監視できます。ログファイル中に、特定の文字列やパターンが追加された時に障害と認識する等の設定も可能ですので、各種アプリケーションの監視に柔軟に対応できます。

    「ログ監視」詳細はこちら

  • WEB監視

    WEBサーバが正常に動作しているにもかかわらず、ブラウザからはコンテンツが表示できないという状態になったことはないでしょうか?そのような障害を検知するためには、ユーザーと同じようにWebコンテンツにアクセスし、正常に表示できるかを確認する必要があります。IVZでは、WEBサイトが正しく稼動しているかを監視する為、複数のURLに対してWebアクセスを行い、表示できたかどうかやダウンロード速度、レスポンス時間、ステータスコードなどを監視できます。

    「WEB監視」詳細はこちら

  • その他の監視

    統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix のエージェントは、多くのプラットフォーム上で機能を提供していますが、
    エージェントを導入できない場合もあります。このような場合の対応として、IVZ監視サーバはエージェントを使用しない監視方法も用意しています。

    「その他の監視機能」詳細はこちら

圧倒的で豊富な監視機能を搭載し、
多様なOSに対応できるよう開発された”IVZ”。

統合監視ツール「Integrated Viewer for Zabbix」は、
エージェント監視&エージェントレス監視から、
用途に合わせて必要な監視機能を利用できます。

豊富な監視機能をシンプルに操作できるIVZを導入し、
パフォーマンスの高い監視を低ストレスで実現しませんか?

超監視

統合監視ツール「Integrated Viewer for Zabbix」は、
Windows・Linux・UNIX・仮想環境・クラウド環境・統合サーバの他、
世界初、IBMi版Zabbixエージェントの開発により、あらゆる環境の一元監視を可能にしました。
さらに、JP1(日立)、Systemwalker(富士通)などの他社製品との共存・集中監視機能も搭載。
この機会に、圧倒的コストパフォーマンスを発揮する、
プロによるプロのためのサーバ統合監視ツール「Integrated Viewer for Zabbix」の導入を、ぜひご検討下さい。

約30年のサーバ運用実績を誇る運用のプロが開発した、もの凄く使いやすい 監視ビューア搭載 サーバ統合監視ツール

お問い合わせはこちら

株式会社ヴィンクスはZabbix社認定パートナーです。
「Integrated Viewer for Zabbix」には、Zabbix社の「Zabbix Enterprise サポート」を含んでいます。

VINXは、IBMi(AS/400・iSeries・Systemi・i5)対応
統合運用ソリューション国内導入実績No.1
※国内累計出荷実績は3000ライセンス以上。業種・業態に関わらず、多数のIBMiユーザ様にご利用頂いており、国産のサポート力をご信頼いただいております。