ジョブ管理の機能追加について説明します。

オープンソースソフトウェア(OSS)系のジョブ(job)管理機能の追加で、より便利な統合運用管理ツールへ!

ジョブ管理

 幅広い監視サービス機能を有する総合管理ソフトウェア「Integrated Viewer for Zabbix」。
 さらに、オプションとして「ジョブ管理」機能も追加可能です。
 ITのシステム運用の自動化を押し進めるには、「ジョブ管理」機能は必須となります。
 運用のプロと運用開発のプロが実現した自動運用管理ソリューションをお届けします。

ジョブ管理機能

ジョブ管理とは、複数のジョブ(プログラム、バッチ処理)の起動や終了を制御したり、
ジョブの実行・終了状態の監視・報告を行う機能です。
「ジョブコントローラ(Job Controller)」「ジョブスケジューラ(Job Scheduler)」
「タスクスケジューラ(Task Scheduler)」「ジョブ管理ツール」などとも、呼ばれています。

設定した時間に単体のプログラムを起動するような単純なものから、高度な機能(営業日や稼働日などの複数のカレンダーを持ち、
複数のコンピュータ間の複雑なジョブ間の先行関係や例外処理を定義できるものなど)
を実現しているものまで、幅広く存在します。

高度な機能を持つ、有名な商用のジョブ運用管理ツールは、どうしても高価になりがちです。
統合システム運用管理の「Integrated Viewer for Zabbix」では、
IVZのサーバ管理機能と連携して、もっと手軽な価格で「ジョブ管理」を実現します。

ジョブ管理のメリット

業務運用では、多くの業務は1つの作業だけで完結せず、複数の作業が絡み合っています。
そのため、さまざまな条件に従って処理する必要があります。
業務運用を効率化するためには、これらの条件に対応しながら、定型業務をまとめ、自動化してゆくことが必要になります。

これらの業務運用で使用されるプログラムの運用を、業務の流れに沿って制御・管理するのが、ジョブ管理機能であり、
基幹システムや業務システムの運用業務の自動化、効率化を実現することができます。

ここでは、そのジョブ管理機能の中から簡単に「ジョブネット」と「スケジュール管理」の2つをご説明します。

ジョブネット

一つ以上のジョブの集まりのことです。
このジョブの集まりには、「ジョブAを実行した後でジョブBを実行する」といったような、ジョブ実行に関する順序関係、依存関係を定義します。
この定義をすることで、複数のジョブの集まりを、業務の処理単位に沿った1つの単位(ジョブネット)として管理することが可能になります。
数多く(基幹業務によっては1日に万単位のジョブを実行)のジョブを個々に運用管理するのではなく、
業務の処理単位での運用が可能になりますので、運用業務の効率化を図れます。

スケジュール管理

業務運用では、業務の流れに沿って「毎週、月曜の11:00にAジョブを起動」
「毎月、1日の14:00にBジョブネットを起動」などのジョブを実行する為のスケジュール(ルール)があり、
それに従って、ジョブやジョブネットを起動する必要があります。
しかし、運用担当者が、手作業でこの作業を行うのは非効率であり、また、ヒューマンエラーも発生する可能性があります。
スケジュール管理機能とは、このような業務を自動化する為、ジョブの実行のスケジュール(稼働日、起動時間など)を定義し、
その通りに、ジョブを実行してゆく機能であり、運用業務の自動化を実現します。

運用管理者によっては、”喉から手が出るほど”欲しい機能、
ジョブ管理とIBMi連携をオプションで導入できる”IVZ”。

統合監視ツール「Integrated Viewer for Zabbix」は、
ジョブ管理により運用管理の自動化&効率化を図れます。
さらに世界で初めて、IBMiとの連携も実現させました。

ジョブ管理&IBMi連携といったオプション機能を導入し、
よりトータルな運用管理&運用監視を行いませんか?

超監視

Job Arranger for Zabbixは、
Windows・Linux・UNIX・仮想環境・クラウド環境・統合サーバの他、
世界初、IBMi版Zabbixエージェントの開発により、あらゆる環境の一元監視を可能にしました。
さらに、JP1(日立)、Systemwalker(富士通)などの他社製品との共存・集中監視機能も搭載。
この機会に、圧倒的コストパフォーマンスを発揮する、
プロによるプロのためのサーバ統合監視ツール「Integrated Viewer for Zabbix」の導入を、ぜひご検討下さい。

約30年のサーバ運用実績を誇る運用のプロが開発した、もの凄く使いやすい 監視ビューア搭載 サーバ統合監視ツール

お問い合わせはこちら

株式会社ヴィンクスはZabbix社認定パートナーです。
「Integrated Viewer for Zabbix」には、Zabbix社の「Zabbix Enterprise サポート」を含んでいます。

VINXは、IBMi(AS/400・iSeries・Systemi・i5)対応
統合運用ソリューション国内導入実績No.1
※国内累計出荷実績は3000ライセンス以上。業種・業態に関わらず、多数のIBMiユーザ様にご利用頂いており、国産のサポート力をご信頼いただいております。