流通小売業向けの最適なソリューションをご提案  株式会社VINX(ヴィンクス)

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本姿勢
当社は、株主・投資家の皆様に当社の価値を適正に評価していただくことを情報開示の目的としております。そのため、当社は、適時(できる限り速やかに)、公正(法令を遵守し良い情報と悪い情報とを区別しない)、公平(全ての株主・投資家に対して平等)に情報を提供すること基本姿勢としております。


  1. 情報開示の基準
    当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、適時開示規則等という。)を遵守し、情報開示を行っております。
    また、当社は、適時開示規則等に該当しない情報につきましても、投資家の皆様が当社を理解していただく上で有効な情報につきましては、適切な方法により積極的に情報開示を行っていく方針であります。
  2. 情報開示の方法
    適時開示規則等に該当する情報の開示につきましては、必要に応じて東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への事前説明後、東京証券取引所が運営する適時開示情報伝達システム(TDnet:Timely Disclosure network)を利用して情報を公開しております。また、TDnetにて公開した情報は、当社Webサイトに速やかに掲載することとしております。
    ただし、PDFファイルその他ツール等の準備の都合上、当社Webサイトへの掲載時期が公開時期より遅れる場合がありますことをご留意ください。
  3. 沈黙期間について
    当社は、決算情報等の株価に影響の与える情報の漏洩を未然に防ぎ、公平性を確保するために、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」と定めております。この期間中は、決算内容・業績の見通しに関するコメントや回答を一切差し控えさせていただきます。
    ただし、沈黙期間中に既に発表した業績見通しが大きく変動する見込みが出てきた場合には、適時開示規則等に基づき情報開示を行います。